先輩社員の声:持山 佳那

自分が本当に笑って
いなければ、
お客様
も笑ってくれない

デイサービス 機能訓練指導員
2018年入社
保健医療学部卒

持山 佳那

KANA MOCHIYAMA

介護業界を選び、ツクイに入社してから

お客様のより近くで接することを大切に

祖母が認知症になり、家族全員で祖母のケアをしました。祖母の介護を通して、デイサービスなどの大切さを実感し、作業療法士を目指すことを決めました。しかし在学中の病院実習やヘルパーの資格取得の経験を通して、自分には病院での短時間のリハビリよりも、もっと日常の生活に近いところで、長い時間をかけてお客様に接することの方が合っていると感じ、介護に興味を持ちました。デイサービスは、長くお客様と接するからこそお客様の気持ちがわかり、日常生活でお客様が本当に求めていることをお手伝いできるのが魅力です。お客様のサービスのご利用目的はさまざまで、リハビリよりも、家で一人にならないことを望んでいらっしゃる方も多いです。私はデイサービスがお客様にとって、生活の楽しみの一つになるよう願っています。お客様と意思疎通が上手くいかないこともありますが、お客様にデイサービスを楽しんでいただくために、日々試行錯誤しています。そんな毎日の中で大切にしていることの一つに「声かけ」があります。お客様の性格や、その日の体調などを考慮しつつ、なるべくお客様に声をかけるよう意識することで、お客様とコミュニケーションを取りやすくなり、心の距離が近づくと思っています。

目指す姿や目標

まずは自分が楽しんで、新たな機能訓練を提供していきたい

当たり前ですがお客様は全員同じではなく、心地良く感じる環境は人それぞれ。だから私は、一人ひとりのお客様のことをきちんと知って、その方に適した環境をつくるよう心がけています。そのためには、お客様をよく見る観察力が重要になると思います。またお客様にデイサービスを楽しんでいただくためには、まずは自分が楽しく思えることが大切。つくった笑顔ではなく、心からこちらが笑っていれば、お客様も笑ってくれます。また、「〇〇さんは△△さんと仲が良さそうだから、次も同じ席の方が良いかも」「今日はこの訓練が楽しそうだったから、次はこんな訓練をやってみよう」というように他のスタッフとも話して、よりお客様のプラスになる機能訓練を提供していきたいです。体を動かす運動はよく行っているのですが、手作業やものづくりの中での機能訓練は、まだあまり経験できていません。今はわからないことも多く、先輩方の仕事の手順に沿っていることが多いのですが、今後は自分が学んできた作業療法士の視点を活かしたアプローチを機能訓練に取り入れていきたいです。

ツクイの“Life Creator”として、学生の皆さんへメッセージ

先輩や仲間のアドバイスをもとに自分の頭で考える

入社直後は、右も左もわからず、毎日先輩方についていくのに必死でした。うまくいかないことや、落ち込むこともたくさんあります。それでも、私には話を聞いてくれる先輩方や仲間がいました。豊富な経験にもとづくアドバイスを丁寧にしてくださいます。だから私は、たくさんの意見を参考に、自分自身に合う仕事のやり方やお客様との接し方を見つけることができました。

  • 出勤、朝礼
    前日までの申し送りを確認します。
  • 送迎
    ワゴン車の添乗や軽自動車にて運転をし、お客様のお迎えに行きます。
  • 集団体操
    担当のお客様に対して、集団体操や機能訓練を行います。
  • 休憩
  • 個別機能訓練・
    事務作業
    担当のお客様に対して個別機能訓練を行います。
    日によって担当のお客様のカンファレンスに参加したり、計画書の作成を行います。
  • 送迎
    ワゴン車の添乗・軽自動車にてお客様をご自宅へと送ります。
  • 退勤
Web座談会

社員紹介

PAGE TOP