TSUKUI CORPORATION New graduates Recruiting Site 2020

  1. HOME
  2. 仲間を知る
  3. 先輩社員の声:ツクイ大田中馬込 所長 斎藤 茜
PRINT

先輩社員の声:ツクイ大田中馬込 所長 斎藤 茜

恐れずにチャレンジすることが、
大きな成長につながる

ツクイ大田中馬込 所長(2013年入社)
斎藤 茜 健康福祉科卒

入社を決めた理由と今の仕事のやりがい

若くして、事業所の所長に抜擢

最初に配属されたツクイ八王子片倉では、ケアクルー(介護職員)として業務への理解を深め、技術を磨くことに注力していました。そして、生活相談員を経て、入社3年目で所長代理の役割を担うことになりました。従業員の管理という業務が加わったと同時に、所長不在の際には代理として事業所を守るという責任のある立場に最初はプレッシャーを感じることもありました。
2017年からは新規オープンのツクイ大田中馬込の所長として、立ち上げ・営業・従業員の採用など、事業所の運営に携わり、現在に至るまで充実した毎日を過ごしています。仕事の内容は事業所を運営していくための人・モノ・お金の管理。苦労も多いですね(笑)。従業員の採用から育成は、特に大変な仕事だと思います。自分よりも年上の従業員を指導するのは容易ではありません。自分なりに従業員に真剣に向き合い、考え、伝える。従業員とはお互いに支え合える信頼関係があるからこそ、相手の意見も受け止めますし、若い私の意見も受け止めてもらえるのだと信じています。
所長になってから、管理者でなければ感じられない想いや、出会えなかったであろう方々との交流から学ぶことの多さを実感しています。本社や他社にも魅力的な方がたくさんいます。私自身多くのチャンスをいただいて今の自分がいます。だから少しでも多くのチャンスを、仲間にもつかんでもらいたい。そんな思いから従業員にも研修を受けてもらったり、外に出ることを積極的に勧めています。

モットー、目指す姿

事業所の組織づくりが大きなテーマ

私がマネジメントで意識していることは、どんなことでも従業員からのアイデアは「いいね!」と、やってみてもらうことです。うまくいかないこともあるかもしれませんが、自分たちが体験することで、新しい発見もあります。失敗から学ぶほうが、成功よりも大きく成長できます。私自身がそのように成長してきたから言えることです。ツクイは、若い人にもチャンスがある会社です。若いからこそ、恐れずに挑戦できることもたくさんあります。同世代の管理者が増えて、いろいろな挑戦をしてほしいですね。
所長として、私が今、取り組んでいるのが、自分がいなくなっても困らない事業所を作ることです。そのためには、組織づくりにしっかり取り組むことが、重要なテーマになります。一方で、「できないことはできない」と決断することも必要です。命を預かる介護の現場で、いい加減なことは口にできません。お客様やご家族はもちろん、従業員に対して、責任ある立場として、冷静に見極めたうえで伝えていくことも大切な仕事のひとつだからです。

学生の皆さんへ

介護スタッフの価値を高めたい

介護の現場にいて日々感じるのは、医療と介護の相互理解や連携がまだまだ不十分なのではないか、ということです。介護スタッフの立場は医療スタッフより低く見られがちです。医療と介護は互いの専門性を尊重し、連携しあってより安心なサービスを提供すべきだと思います。私は介護の立場で、介護スタッフの価値を高めていきたいと感じています。大きな使命を持って仕事をすることで、いつか道が開けると信じています。

ある一日の流れ

09:00

出勤・朝礼・送迎

出勤し制服に着替えて1日がスタート
職員で本日の申し送りをおこない、社訓を唱和してから、送迎にむかいます

10:00

送迎・お出迎え

送迎先でお客様のご家族や近所の方にあいさつをして交流をはかり、安全運転で送迎しています

11:00

朝の会・メールの確認

送迎がおわり、利用者さんがそろったことを確認して、自分の仕事にとりかかります
メールチェックや書類作成などのパソコンを使った業務です

12:00

休憩

職員と一緒に食事をとり、なにげない会話をしてコミュニケーションをはかります

13:00

営業

自宅訪問をしたり、居宅に営業にまわります

15:00

送迎・お見送り

ご自宅までお送りします

16:00

翌日準備・夕礼

明日くる利用者さんのための準備をして、漏れがないように確認をします
夕礼では、今日あったことを報告し、明日の注意することを話しあいます

17:30

日報の作成、退勤

今日やったこと、明日やることをまとめて、1日がおわります