TSUKUI CORPORATION New graduates Recruiting Site 2020

  1. HOME
  2. ツクイについて
  3. ツクイの想い
PRINT

ツクイの想い

創業から続く想い

1983年に福祉事業部を創設 〜介護による社会貢献を目指して〜

創業者・津久井督六

ツクイの創業者・津久井督六は、母の認知症がきっかけとなり福祉事業に参入することを決意しました。参入を検討していた1980年代初め頃、介護や痴呆(認知症の当時の呼称)に対する世の中の理解は現代と較べて遅れており、認知症患者を長期間受け入れてくれる施設もほとんど存在していませんでした。自身や兄弟家族が母の介護に忙殺されるなかで、津久井督六は介護に苦労している多くの人びとの存在を知り、彼らのお役に立ちたいと考えるようになります。その想いが1983年の福祉事業部の創設に結実しました。

訪問入浴サービスからスタートしたツクイの福祉事業は、デイサービス、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅へと順次、その領域を拡大していきました。現在、ツクイはデイサービスで日本最大の規模を誇る、福祉産業のリーディングカンパニーとして高い社会的評価を獲得しています。しかし、どれほど規模が拡大しても「介護で苦労する人たちを救いたい」「介護事業を通じて世の中の役に立ちたい」という創業者の想いは、ツクイグループの企業活動を律する揺るぎない指針として生き続けています。

福祉に・ずっと・まっすぐ

創業者の思いである、「介護で苦労する人たちを救いたい」「介護事業を通じて世の中の役に立ちたい」という指針は、そのままツクイの企業姿勢とお客さまへのコミットメント(約束)を象徴する言葉、「福祉に・ずっと・まっすぐ」というスローガンに繋がっています。
これからの日本に求められている介護・福祉サービスとは何か、そして介護・福祉事業者としてツクイがお客さまにためにできることは何か。介護・福祉を通じて世の中の役に立ちたいと決意したツクイの「原点」を忘れることなく、介護・福祉のあるべき姿を追求していくことが、ツクイが果たすべき使命だと考えています。ツクイは今後も、お客さまにしっかりと向き合い、介護・福祉の未来を創造してまいります。

ツクイについて

創業50周年を迎えて

ツクイは今年6月、創業50周年を迎えます。1969年に土木事業会社として設立され、1983年に福祉事業を開始しました。2000年の介護保険制度スタートより以前に、介護・福祉市場に参入した事業者はごくわずか。ツクイは35年を超える経験のなかで、介護・福祉に係わるさまざまな知見とノウハウを社内に蓄積し、それらを土台にお客さまのニーズに的確に応える質の高いサービスを実現してきました。ツクイはこれからも長年の実績と信用を事業展開の基盤として、顧客重視の介護サービスを追求してまいります。

デイサービス業界No1の企業として

その歴史の中で、ツクイは、デイサービスでは、業界トップのシェアを誇るようになりました。
2019年1月現在、デイサービスを手掛ける拠点は全国に510ヵ所以上、すべて直営です。月間45,000名以上のお客様にご利用いただいており、事業所数、利用者数ともに業界トップの地位を堅持しています。

在宅介護業界の大手企業であることは、同時に多くの義務と責任を伴います。
私たちが業界のサービスの標準を創りだしていくこと、そして、介護業界の新しいビジネスと可能性を切り開いていくことなど、高いハードルを掲げながら、未来へ向かっていく必要があります。

ツクイで働くということは、プライドを持ち、お客様のために、ともに地域価値を創造していくことに他なりません。

従業員の幸せを実現する会社になるために

ツクイでは、2025年に当社がありたい姿として描く「ツクイビジョン2025」を策定しています。「ツクイビジョン2025」では、3つの大方針「デイサービスで圧倒的No1の地位を盤石化」「ツクイの考える地域包括ケアの確立」「従業員の幸せを実現」の達成を通じて、持続可能な介護サービスを提供していく存在でありたいというビジョンを示しています。
特に、この「従業員の幸せを実現」には、会社として並々ならぬ想いを抱いて取り組んでおります。

ツクイでは、待遇面の改善も実施しておりますが、条件を変えることだけが従業員の幸せに繋がるとは考えていません。一人ひとりがモチベーション高く、充実感や自身の成長を感じて働き続けられる。本当の意味での充実した人生を一緒に歩んでいけることが、皆さんの幸せに繋がっていくのではないかと考えています。