TSUKUI CORPORATION New graduates Recruiting Site 2020

  1. HOME
  2. 代表メッセージ
PRINT

代表メッセージ

今も受け継がれているツクイのDNA

ツクイがどんな会社か一言で言うなら、まっすぐな会社といえるのではないでしょうか。
ツクイは介護事業者としては35年以上の歴史がありますが、私たちが創業当初から変えていないのは常にお客様目線を貫く姿勢です。お客様に選ばれ続けるために必要なことは何かを考え、社会に必要とされるサービスを広げていく。これは現在のツクイにも受け継がれているツクイのDNAだと思います。
創業50年を迎え、これからは見えている課題だけでなく将来の課題についてもチャレンジしていく会社でありたいと考えています。

介護の仕事の魅力

私がツクイに入社した1990年当時は土木が主体の会社で、その事務所の片隅に介護部門があって自治体から委託で訪問入浴サービスを行っていました。周りは母親くらいの年齢のスタッフがほとんど。その中で私は、冗談を言って雰囲気をやわらげたりしていました。初めてサービスを受けるお客様はとても緊張していますから、現場の雰囲気はとても大切なんです。私自身、お客様の立場に立ってサービスを考える姿勢は、そんな現場の経験から教えられました。

私は介護現場での経験の中で、多くの高齢者の方の人生の終末期をたくさん見てきました。それが自分の人生について見つめなおしたり、考える経験にもなりました。
ツクイは役員をはじめ、スタッフの多くはそんな貴重な介護の現場を経験しています。介護の仕事でしかできない経験がたくさんあると思います。

ツクイの未来像

介護の仕事を取り巻く環境は日々変化します。お客様の層が変わることで、ニーズもまた変化すると思っています。私たちは敏感に変化を察知して、サービスを進化させなくてはなりません。人材の不足は全産業の課題だと思いますが、介護の現場でも生産性を上げて、変えていく部分と、変えずに守る部分の棲み分けも必要になります。このような環境の中、ツクイでは時代の変化に対応するためにIoT、AI、ロボットなどの開発を行う、将来性のあるベンチャー企業を発掘し、適切な投資も行っています。

ツクイは全国で事業を展開していますが、それぞれの地域において「価値がある」と評価されるような会社になっていくことが大切だと考えています。ツクイが提供するサービスと、様々な産学官民が連携を図り、地域全体を支える仕組みづくりが始まっています。
約80の市区町村の「多層化エリア」で出店の多様化を図る一方、約1,800市区町村の「連携エリア」では各地域の需要に応じたサービス連携を進めていきます。全体で一定以上の品質を担保する必要はありますが、これからは地域の変化がより大きくなる時代。そこに合わせた形でサービスを提供できないと価値を認めてもらえないでしょう。地域のニーズをしっかりと捉え、お客様とご家族に満足していただけるような最上の品質のサービスを提供していきたい。地域に住む方たちに「ツクイがあってよかった」と安心していただける未来像が理想です。

ツクイが求める人物像

介護の仕事をする上で「誠実」さ「挑戦する姿勢」、そして「感謝」を忘れずにいることが大切だと思います。こうした心構えを持ってサービスを提供することでお客様からの信頼がうまれ、それがスタッフにとってもやりがいや幸せにつながっていくと思っています。