TSUKUI CORPORATION New graduates Recruiting Site 2020

  1. HOME
  2. 充実のサポート体制
  3. 女性の活躍に対するサポート(育児からの復帰)
PRINT

女性の活躍に対するサポート(育児からの復帰)

ツクイは、特に女性が活躍している環境です。皆さんに長く、安心して働ける環境を提供するために、女性がいきいきと活躍できる職場を目指しています。

数字で見る女性の活躍

女性が多く働く当社は、従来から性別にとらわれない人財登用を進めてまいりました。2017年度の「管理職に占める女性の割合」は、42.3%となりました。

従業員の女性比率
取締役の女性比率
管理職女性比率
常勤者の女性比率
産休・育休・ 短時間勤務利用者
  1. (2018年3月現在)
  2. 「管理職女性比率」「常勤者の女性比率」は、正社員・嘱託の合計/取締役・監査役除く
  3. 「管理職女性比率」「従業員の女性比率」「従業員の女性比率」は、取締役・監査役を除く

育児へのサポート

結婚・出産・育児などのライフステージで、無理なく勤務を続けられるように、様々なサポートを準備しており、仕事と育児を両立できるような環境を整えています。

育児へのサポート

育児休業

原則1歳まで取得可能です。配偶者と合わせて休業する場合は1歳2ヵ月まで取得(パパ・ママ育休 プラス)ができ、要件に該当する場合は、1歳6ヵ月まで、さらに最長2年まで延長ができます。

  1. 男性の育児休業は出産日から原則1歳まで取得することが可能。

育児短時間勤務制度

小学校就学の始期に達するまでの子供を養育する従業員について、所定労働時間を最短6時間まで短縮して勤務することが可能です。

育児・妊娠特別有給休暇

妊娠期から小学校就学の始期に達するまでの子供1人につき、育児・妊娠特別有給休暇を最大5日取得できます。(妊娠休暇は本人のみ)

育児のための所定外労働の免除

小学校就学の始期に達するまでの子供を養育する従業員について、本人の申し出に基づき、所定労働時間を超えての労働が免除となります。(事業の正常な運営に支障がある場合を除く)

育児時差勤務制度

小学校就学の始期に達するまでの子供を養育する従業員について、本人の申し出に基づき、時差勤務をすることができます。

ツクイ倶楽部(出産祝金・入学祝金)

出産祝金は、子供1人につき2万円のお祝い金を支給する制度です。
入学祝金は、子供1人につき入学祝金として10,000~15,000円の範囲で支給する制度です。

慶弔金(出生)

子供1人につき3,000円~10,000円の範囲でお祝い金を支給する制度です。

女性の活躍を応援する行動宣言

2015年11月、「かながわ女性の活躍応援団」*の結成式で発表した「行動宣言」です。

ツクイの女性の活躍を応援する行動宣言

1. 自社内における取組み

  • 女性の管理職への登用について、今後も35%以上を維持し続けるとともに、個性や能力をより発揮できるよう、その活躍の職域拡大に取り組んでいきます。
  • ライフステージの変化により、職場を離れた人材について「ジョブリターン支援制度」の利用促進を行い、その復職を支援するとともに、再び女性がイキイキと活躍できる職場づくりを行います。
  • 介護や育児をしながら、仕事と家庭を両立できるよう福利厚生の拡充に努め、女性が輝く社会の実現に向け、活躍し続けることができる働きやすい職場環境を創っていきます。

2. ムーブメント拡大のための取組み

  • 介護業界における女性の活躍推進に向けて、業界団体への取り組みに積極的に参加します。
  • 女性活躍企業の手本として、ムーブメント拡大の旗振り役となり、介護業界が女性の活躍できる業界であることを示していきます。
  1. 「かながわ女性の活躍応援団」とは、女性の活躍を推進するための取組みに積極的で、神奈川県にゆかりの深い企業の男性トップと神奈川県知事によって2015年11月に誕生した応援団です。

なでしこ銘柄選定・トモニンマーク認定

なでしこ銘柄選定

女性躍進企業として「なでしこ銘柄」に選定されました。

東証一部上場企業の約1,750社(2013年11月末に東証一部に上場している企業)から26銘柄、サービス業で唯一当社が選定されました。「なでしこ銘柄」は経済産業省と東京証券取引所が共同で、女性活躍推進に優れた東証一部上場企業の中から業種ごとに選定・発表する事業。「女性のキャリア促進」、「仕事と家庭の両立サポート」、「ROE(株主資本利益率)の財務指標」も選定条件の要件になっています。

トモニンマーク認定

仕事と介護の両立支援「トモニンマーク」

(愛称:トモニン)
(愛称:トモニン)

「トモニン」とは、仕事と介護を両立できる職場環境の整備に取り組んでいる企業が使用できる、厚生労働省が作成したシンボルマークの愛称です。介護離職の防止、また仕事と介護を両立しやすい職場環境の取り組みに向けた社会的気運を高める事を目的としています。