介護の働き方を もう一度 デザインする。

SCROLL
SCROLL

MESSAGE

2025年問題。日本の高齢化率は30%に到達し、人口の約3人に1人が高齢者という時代がやってきます。と同時に、34万人の介護人材が不足すると言われています。高齢化の進行と人手不足を主要因として、介護離職・介護うつ・介護難民…といった社会的な問題も顕在化しています。介護の問題は、高齢者だけでなく、支えるご家族や地域、そしてこれから日本を支える子どもたちの問題でもあるのです。そこで私たちはまず、介護スタッフの働き方をデザインし直すことを決めました。仕事内容・人間関係・労働環境・待遇などを改善し、スタッフがいきいきと働けるようにすることで、人手不足を改善する。より多くの方々へ介護サービスを行き渡らせる。ご家族やスタッフの負担を減らし、余裕や安心を生み出します。介護をする側も、される側も前向きに暮らせる超高齢社会を目指して。できることから一つひとつ進めていきます。

介護の働き方を
リデザインする
取り組みを紹介します

私たちは、共に働く
仲間を募集しています。

(正社員/パート・アルバイト)

ツクイ採用情報サイト