株式会社ツクイ キャリア採用サイト

  1. HOME
  2. ツクイでつくる次のキャリア
  3. キャリアパス事例:スペシャリストコース
PRINT

キャリアパス事例:スペシャリストコース

キャリアパス事例:スペシャリストコース

理学療法士の先駆として、
新たな道を拓く。

株式会社ツクイ サービス管理部サービス研究課
チーフスペシャリスト 波戸 真之介

学びを実践で活かすべく、ツクイへ

高校生の頃、高齢者に関わる仕事をしたいと思い、将来は介護の道に進みたいと考えたことがありました。しかし、進路について調べるうちに、理学療法士というリハビリテーションの専門職があることを知り、折角なら要介護状態の予防や、怪我をした後のリハビリテーションに関わることで、高齢者の方の生活の支えになりたいと考え、理学療法士となる決心をしました。

学部を卒業して理学療法士免許を取得後は、⼤学院まで進み、他社デイサービスや大学付属病院で勤務しながら地域理学療法を学びました。地域のなかでどのようにリハビリテーションを実践していくか、ということをテーマに研究をしていました。その頃に学んでいた理学療法士の先生から「ツクイという会社が理学療法士を募集しているよ」とご紹介いただいたのがツクイとの出会いです。⼤学院で研究を続ける道もありましたが、自分が学んできたことを実践として活かしてみたい。“地域”に根ざしたツクイならそれができるのはないかと直感しました。さらに、当時のツクイがこれから積極的に理学療法士を介護の現場に導入していくかを検討していた時期ということを知り、「チャンスだ!」と思いました。地域へのリハビリテーションの導入を1から関われるということに可能性を感じ、期待が高まりました。

効果の出るデイサービスを目指す!

入社当時にも、教育関連部署に理学療法士はすでにいましたが、現場に専門職が機能訓練を導入するための仕組みは確立されていませんでした。現場で機能訓練を実施する理学療法士は私たちが一期生となります。今ではツクイ内で理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・柔道整復師を合わせて約700人(2018年7⽉現在)が活躍していますが、自分が最初の1人だったと思うと感慨深いものがありますね。当時、理学療法士をデイサービスの現場に配属するのは会社としても初めての取り組みでしたから、私たちも⼿探りという感じでした。導入後は、すぐにお客様からの好感触を実感することができたと思います。当初は、高齢者の方をお預かりするだけのデイサービスではなく、“確実に効果の出る”デイサービスにしたい。その一念でした。
導入当初からサービスとして好評をいただいたこと、実際にお客様の歩⾏機能などに改善がみえはじめたことで、会社として理学療法士の積極採用に舵を切ることになりました。もちろん、すべてが順調だったわけではありません。現場には生活相談員、看護師、ケアクルー(介護職員)など、一人のお客さまに関わるスタッフが複数います。単に10分、20分運動して終わりではなく「機能訓練で歩けるようになったから、⽇常生活の中でも⾞椅子に頼らず、歩⾏を促すようサポートをお願いします。」というように、具体的に伝え、徹底しないと、担当する人によって対応が変わってしまう。徹底していたつもりでも、導入当初はお客様が混乱してしまうということもありました。全員が正しく機能訓練の意義を理解し、⾏動していく必要があると強く感じ、試⾏錯誤でしたが、確実に意図を伝え、対応について丁寧に指導することに⼒を注ぎました。

ツクイの機能訓練の質を担っている。

トータル3年ほど、現場で機能訓練の推進に関わり、関わった事業所で自分の後任となる機能訓練指導員を育成して、佐賀の事業所に異動しました。ツクイ全体での機能訓練指導員の積極採用が盛んになった頃です。この時期、ツクイでは受け入れる新しい職種が増えたがどう指導して良いか分からず、機能訓練指導員側もデイサービスでどう働くべきか、といった課題がありましたが、それぞれの営業所の業績自体もあがっていくという相乗効果も生まれました。そういう時期に⽴ち会えたことで、機能訓練が介護の現場で本当に必要とされているものだということが実感できました。
その後、⼤阪に拠点を移し、⻄⽇本全体の機能訓練を統括する⽴場となりました。各営業所に出向いては、適切なプログラムが成されているかを⽇々ウォッチし、アドバイスやサポートをする役割です。⻄⽇本全体の統括なので、常に各エリアの営業所を飛び回っていましたね。その傍で、OJTや研修プログラムの作成、各種書類の作成などもこなす忙しい毎⽇でした。
今年からは本社に配属となって、チーフスペシャリストという役職に就任しました。全国のどの営業所でも質の高い機能訓練を提供できるよう、マニュアルの改良、導入する機器や物品の⾒直し、法改正への対応など、およそ機能訓練に関わるすべての管理を⾏っています。ツクイの機能訓練の質を担保している部署で、さらにその責任者ですから身の引き締まる思いです。

“より多くの人の役に⽴ちたい“が原点。

私が理学療法士免許を取得してからも大学院へ進む道を選んだのは、一人の理学療法士として診られる患者さんの数は限られていても、研究でたとえば⼤きな発⾒や発明があれば、何万、何⼗万の人に貢献できる。そう考えたからでした。その思いは今も変わっていません。ツクイという介護の⼤きなフィールドで、何万人ものお客様に質の高い機能訓練を提供できている。そして⼤勢の方に実際に効果が表れている。⾞椅子に乗っていた方が、自らもう一度歩こうと前向きに努⼒されている。非常にやりがいを感じます。

そして今は、もっと多くの人の生活の質を向上するにはどうすればいいのか、と⽇々考えています。
ツクイの体力測定データなどを解析し、学会や論文で発表することには既に取り組んでいますが、現場のスタッフが自信を持って機能訓練提供をできるように科学的なデータを更に積み上げて、現場にフィードバックしていく必要があります。
そのためにも機能訓練専門の部署や研究室をつくれないものか?と構想中です。お客様のために限らず、これからの理学療法士のステップアップとして、ひとつの道しるべをつくりたい、と思っています。今の私の役職の上には、「エキスパート」という役職がありますが、経験を積んでそのポジションで活躍していきたいと考えています。私にはツクイの理学療法士の先駆者として、⽇本の介護の道を拓く使命があると思っています。まだまだ可能性を感じますし、実現の機会を与えてくれるのがツクイの魅⼒だと思います。



私のキャリアパス

2011年
ツクイ川口元郷の機能訓練指導員として入職

ツクイのデイサービスにおいて理学療法士を現場配置するモデル事業が開始するということで、当時、教育研修部に在籍していたツクイ唯一の理学療法士からの紹介で入職。ことのき、現場配置の理学療法士は4名のみから始まった。

 

2012年~2013年
ツクイ八潮八條へ異動

ツクイ川口元郷でモデル事業が軌道に乗ったため、後任者を作ってツクイ八潮八條へ異動となった。
ツクイ八潮八條は開所から10年以上経過したデイサービスであったため、既存職員や外部ケアマネジャーにツクイの機能訓練の取り組みを理解してもらうのが大変であったが、10年近く車椅子で移動していた方が杖歩行でひとりで歩けるようになった事例もあったりと、やりがいを感じるとともに改めてデイサービスにおける機能訓練の必要性を実感できた。

2014年
西日本在宅推進本部 主任に就任

西日本在宅推進本部へ異動し、ツクイ佐賀北デイサービスの現場サポートとともに、西日本の機能訓練に関する運営や研修を担当することになった。
会社としても初めて作った立場であったため、ひとつずつ自分のやるべきことを探しながら業務を行っていた。

2015年
デイサービス第三推進管理運営部
機能訓練担当の係長に就任

大阪へ拠点を移し、西日本のデイサービス約150事業所の機能訓練サポート業務へ専念することとなった。近畿・北陸から西は全て担当地域であったため、沖縄も含めて西日本の各地にあるツクイのデイサービスを飛び回って仕事をする状況となり、振り返って考えると一般的な病院勤務の理学療法士では経験できない貴重な体験であった。

2016年
デイサービス第三推進管理運営部
機能訓練担当の課長代理に就任

2016年7月時点で、ツクイ全体の機能訓練指導員の専門職(PT・OT・ST・柔道整復師)は500名を超え、より良い機能訓練をお客様へ提供できるようにと研修や各地域のリーダー育成に取り組んだ。

2017年
デイサービス第三推進管理運営部
課長に就任

管理運営部の責任者となり、機能訓練に限らず、新規開設事業所のサポート、広告作成、事務センター業務など、幅広い後方支援業務を担当することとなった。慣れない管理業務に苦戦しつつも、デイサービスは機能訓練単体で動くものではないことを改めて実感させられ、学ぶことが多かった。

2018年~
本社サービス管理部に異動
チーフスペシャリストに就任

本社サービス管理部の所属となり、機能訓練のスペシャリストコースへ転身。本社側で機能訓練の質の向上に貢献することは、60,000名を超えるツクイのお客様の生活を支えることにつながるということをモチベーションとしながら、マニュアルや組織体制の整備等に日々取り組んでいる。